アラサー女子が相席屋渋谷店に行ってみたときの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはアプリを登録して入店!

 

平日ということですぐに席に案内されたが男性の数が足りていないということでしばらく女2人で過ごす時間になりました。

店員さんから声をかけていただき今日はどんな出会いを求めてきたのか(1日限り、合コンをセッティングしてもらうための相手、結婚相手)聞いていただけたり、どんなタイプが良いか(顔、身長、年齢)聞いていただけました。

その後案内されたのは全然違う感じの人でしたがそのやりとりはとても面白いと感じました。(すごいシステム!)

案内された男の人達は二軒目で数回相席屋を利用していると言っていました。長時間いると値段が高くなるのがわかっているので最初から30分で出ると決めていたようでした。そのため、連絡先を交換するまでに慌しく時間がすぎていったように感じました。

相席屋の内容について。どのくらい滞在しているか。どのくらい待ったか。何組目なのか。どんな仕事をされているか。どんな仕事してそうー?と当てあいをしました。好きなタイプと嫌いなタイプ。女が好きなタイプを言うとタイプに当てはまることをしだすダチョウ倶楽部ノリで楽しませてもらいました。休みの日にどんなことをしているかやお互いの恋愛遍歴も話しました。

マッチングされた男性は自分に合わないと思いましたが友達へのお土産話になりました。

周りの席は思ったより年齢高めで、結婚相手探している人も多いと思いましたが一方で周りの席は若い人が多くてその場がを楽しみにしに来ている人も多いと思います。また明らかに年配の女性が食事目当てで来ているのを見たので相手をする人は可哀想だと思う席もありました。年齢や目的がまちまちで面白い空間です。

システムもあまり詳しい説明をされなかったのでなにもわからず終わりました。

席につく前にシステム案内をもう少ししてほしかったと感じました。相手よりも店員のお姉さんやお兄さんが格好良いと感じる人も多かったのではないでしょうか。

アプリを必ず登録しなくては入店できないのが面倒です。アプリダウンロードで時間かかって通通行人に今から入るんや!という感じで見られるのは恥ずかしかったです。

連絡先交換後にそのまま飲みに行こうと言われましたが終電の時間だったのでその日はそのまま帰宅しました。後日合コンをしようということで連絡がきて3:3の合コンをしました。他の人カップルになることはありませんでしたが私は相席屋で連絡先を交換した人と数回ご飯に行くような仲になりました。

その後お互いの家を行き来するようになり、結果お付き合いすることになりました。

しばらくお付き合いしましたが結婚に対する考えが違うことがわかりお別れすることになりました。

彼氏が出来たという意味では相席屋を出会いの場として活用するのもいい方法だと思います。

相席屋のコツ

恋活のABC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*